離婚関係での調査内容

離婚関係での調査内容

探偵が行う調査はさまざまな目的に利用されますが、中には離婚したカップルにおいて離婚調停や離婚裁判などで子どもの親権や慰謝料、養育費をめぐって自分の方に有利に進めたいための調査依頼を受けることがあります。
今まで中の良かった夫婦でも一度離婚ということになりますとお互いに不倶戴天の敵とばかりに醜い争いを展開するものです。
少しでも慰謝料や養育費を払いたくないが為に収入や財産がないように見せかける人が多くおります。

 

 

 

日本の現行法では相手の収入と所有財産が基本になって過去の判例に則して養育費や慰謝料を算定する例が多くなっています。
ですから少しでも金額を低くしたいがために虚偽の申告をする人が多いのですから困ったものです。
今まで愛し合って子どもが生まれたのですから養育費は離婚相手のためと言うよりも自分の子供のためなのですが離婚ということになしますと醜い争いになります。
裁判になりますと大抵の場合は双方に弁護士がついて自分達に有利になるような知恵を授けます。

 

 

 

このような時に探偵事務所に依頼して相手の収入や所有財産について調査を依頼します。
また離婚裁判は時間がかかりますので、その間の相手方の素行調査をすることで生活ぶりが派手かどう金使いがどうかなどを調べることで交渉のための材料になります。

 

 

 

相手の勤務している会社などを調べて相手の収入金額を知ることも可能になります。
離婚に至るまでの経緯を調べることで離婚原因が何方に在るか慰謝料金額に影響が出てきます。