調査業務は経験が大切です。

調査業務は経験が大切です。

増大する需要を見込んで探偵事務所を開業するケースが多くなっています。

 

大きく変化する時代のニーズを捉えて金儲けだけを考えて探偵としての何の経験も知識もない人が探偵事務所を経営するのですから困ったものです。

 

現在の日本のシステムでは探偵業に対する弁護士や公認会計士のような試験制度も資格制度も有りませんので誰でも探偵事務所をオープンできてしまうのです。

 

 

 

自宅を事務所として都道府県の公安委員会に届け出をすれば余程の問題が無ければ受理されます。

 

本来の探偵業務や信用調査関係の業務には充分な経験と勉強を指定なければ信用のおける正しい仕事はできないはずですが、調査の中味が乏しくても上辺だけを格好付けた調査で多額な調査費を請求するのですから問題です。

 

 

 

そのような新参の探偵事務所は浮気や不倫調査と素行調査などに限定して業務を行なっているところが多いのですが、浮気調査などはチョット目には簡単に出来るものと思われがちですが、実際には聞き取り調査や尾行調査は充分な経験が有りませんと難しいものなのです。

 

調査対象者を尾行して浮気現場の証拠写真を取れば良いと簡単に考えますが、実際の尾行には様々な難しいテクニックや注意深さが有りませんと、調査対象者に気づかれて単変なトラブルになることが有ります。

 

聞き取り調査においても調査対象者の友人や関係者に接して聞き取りをするのですが、聞き方が間違えますと直ぐに不審に思われて調査対象者に通報されてトラブルになります。

 

 

 

また企業関係の取引先の信用照会や代表者などからの聞き取り調査なども相当な勉強をして経験豊かな調査員でないと逆に不審に思われます。

 

このように探偵業は難しい内容を含んでいますので新規参入の探偵事務所の場合は調査員の利履などを知る必用が有ります。