探偵の調査と個人情報保護法

探偵の調査と個人情報保護法

2005年4月に個人情報保護法という法律が施行されて様々な業界で個人情報の取扱に神経を尖らせています。
個人情報とは個人の氏名や住所、生年月日などを含む色々な個人のデータということですが、銀行などでは口座に関する情報もありますし、病院では個人のカルテもあります。
銀行や病院、クレジットカード会社などは数多くの顧客情報を保有しておりますが、万一これが外部に漏れて悪質な人の手に渡りますと大きな社会問題になります。

 

 

 

個人情報は悪い人が悪用しますと「クレジットカードで勝手に物を購入したり」また「なりすまし詐欺」などの被害が出ることが予想されます。
このような個人情報保護法に対して厳しい監視がなされていますが、探偵業にあるものが人の個人情報を勝手に収集することが許されていいのか疑問に感じている方がおります。

 

 

 

個人情報保護法は「個人の情報の保護が目的」ですので「個人情報を断りなく勝手に使用したり断りなく第三者に提供することを禁じている法律」です。
この法律での個人情報は「個人を特定できる氏名、住所、生年月日、画像、音声」などを含んでいます。
この法律の意とするところは特に5000件以上に及ぶ大量に顧客情報を保有している企業や団体に対して厳しく情報の漏洩や不正な仕様が起きないように注意促す目的があります。

 

 

 

そのような観点から見ますと探偵事務所が大量に個人情報を保有しているとは考えにくいことや、探偵が依頼人からの要請で特定の人物や企業に対して情報を収集したり調査を行なうことは個人情報保護法の違反にはならないのです。
ただし、探偵が調査した結果や依頼人から入手した個人情報を第三者に漏洩することは固く禁じられています。