探偵には様々な依頼がくる。

探偵には様々な依頼がくる。

探偵は依頼人からの要望を聞いて業務範囲を超えない範囲で色々な調査を行ないます。
依頼の内容が同じ浮気調査であっても依頼人の目的によって調査方法が大きく変化します。
依頼人の要望が伴侶が本当に浮気しているか「真実だけを知りたい」や「一時の火遊びか知りたい」という事に限定されていて、調査報告によって伴侶の気持ちを探りたいと考えての調査もあります。

 

 

 

一方で依頼人としては離婚を決めていて離婚裁判を自分にとって有利に進めたいという浮気の証拠固め狙った依頼もあります。
中には自分が他の異性と付き合っていて現在の伴侶と上手に別れる「口実探し」のために相手の弱みを探りたいという物まであります。
企業関係の調査では、これから新たな取引をするために相手の信用状態を知っておきたいという調査依頼もあれば、相手企業との間でトラブルがあるので交渉を優位に進めるためや裁判で有利な立場に立つために相手企業の弱点を探すための調査もあります。

 

 

 

相手が企業であっても代表者や役員個人の経歴や素行などを調査することで、相手の弱みを握っておきたいという要望もあります。
中には調査対象者が民間企業でなくて何らかの公務員にまで対象にする依頼もあります。
特別な許認可が絡んだり監督官庁からの指導が厳しい場合に、陳情や話し合いする前に交渉相手の役人の正確や交渉のための糸口を探りたいという依頼もあります。

 

 

 

探偵事務所としては依頼内容を吟味した上で法に触れない範囲で、企業や個人を対象にした調査を行ないます。
しかし、依頼の中には明らかに反社会的な団体が絡んでいる場合もありますので依頼を受けられるかは慎重になります。